株式会社日建コンサルタント 株式会社日建コンサルタント

 
キャリア社員
特集

キャリア社員

CAREER EMPLOYEE
01
心優しきパパは橋を調査
して地域の安全を守る
みんなのヒーロー!

設計部 設計課 課長代理
佐藤 浩司 Sato Koji
奈良産業大学(現:奈良学園大学) 経済学部
大分市出身/2015年入社

キャリア社員
TOP >  特集 > キャリア社員

入社を決めた理由

画像
1年の半分が出張で全国を飛び回る生活。 子供が生まれたことがきっかけで転職を決意。
画像

前職では工場のプラントなどの内部や表面にある傷の有無を壊さずに調べて、保全に役立てる「非破壊検査」を行っていました。仕事自体にやりがいを感じる一方で、一度の検査が大掛かりになるため出張が多く、1年の半分以上は出張という状況。結婚して子供が生まれたこともあり、もっと家族といる時間を増やしたいと考えたのが転職のきっかけです。そのため、地元の大分にあって、前職のスキルを生かせる当社への入社を希望。現在は橋梁の点検や診断を行い、損傷の状況を図面に起こす業務を担当しています。工場のプラントも橋梁も金属構造物であることに変わりはないので、前職で培った技術を役立てながら、土木の専門知識を吸収している最中です。

仕事の魅力

画像
画像
自らも利用する橋の点検、 診断に従事。 みんなの暮らしを守っている 責任と誇りを胸に。

当社が点検を行うのは大分県内の橋梁が中心。クライアントとなる各自治体の要領にのっとって点検、診断を行っています。これまでに地元の橋など、馴染み深い橋梁の調査にも携わってきました。よく利用していた橋を診断してみると、思わぬ劣化が判明したということもあります。私たちが診断結果を誤ると、最悪のケースとして橋の崩落事故にも繋がりかねません。多くの人が日常利用している橋を維持管理している誇り、緊張感をもって、常にやりがいを感じながら働くことができています。仕事を通じて地元に貢献していると感じられることも、今の仕事の魅力ですね。

これからの目標

画像
仕事も子供との時間も 大切にしながら、 維持管理以外の設計にも チャレンジしたい。
画像

私はこれまでに当社を含めて3社で働いたことがありますが、やっている仕事や業界が同じでも、社内の雰囲気は会社ごとに大きく異なるものです。その点、当社はアットホームな社風が大きな特徴だと感じています。真面目さ、誠実さが当社のモットー。みんなでいいモノをつくろう、いい仕事をしようという空気が社内に満ちており、妥協なく取り組んでいるので、結果的に仕事の品質に繋がっているのだと思います。また、自分の裁量で仕事を任せてもらえているので、仕事とプライベートのバランスをとりながら子供と触れ合う時間が多くとれるようになりました。やる気次第でチャンスを与えられる会社なので、診断・調査から補修設計、さらに設計全般と、自分のスキルの引き出しを増やしていきたいと考えています。

02
やる気次第で
チャンスをもらえて
仕事の幅が広がっていく

設計部 設計課
新谷 竜治 Shintani Ryuji
広島大学 経済学部
宇佐市出身/2018年入社

キャリア社員

入社を決めた理由

画像
画像
家族がいる中での転職活動。 社風や自己成長、オンオフの バランスを考慮して転職先を決定。

前職までで携わってきたのは完成したモノに対する評価、分析業務が主だったのですが、より上流工程となる設計の仕事を手掛けたいと思ったのが転職の理由の一つ。また、休日出勤が多かったり、有給取得が困難だったりして、資格取得などステップアップしようにも自分の時間がとれないと感じたことも転職のきっかけです。社会人として複数の企業で働いて感じるのが「自分がその会社で気持ちよく働いている姿を想像できるか」が大切だということ。当社の場合、面接で話を聞いてくれた社長や部長、面接後に紹介してもらった部署の社員のみなさん、それぞれから温かな雰囲気が感じられて、自分に合った社風だと思ったので入社を決めました。

資格取得について

画像
社をあげての全面協力で早期に資格を取得。 仕事の幅が広がり、モチベーションアップ。
画像

入社1年目は橋梁の点検、診断をメインで行っていましたが、2年目の現在は道路設計を並行して担当するようになりました。「管理技術者」「照査技術者」として仕事に携われる「RCCM道路部門」の資格を取得したことで道路設計も任せてもらえるようになったのですが、資格が取得できたのは先輩、上司の全面サポートのおかげ。社内に資格取得済のエキスパートが何人もいるので、直接指導を受けることができました。また、規則正しい勤務時間の中で生活リズムを整え、退社後の自主学習に割く時間を多くとれるようになったことも、スムーズに資格を取得できた要因です。

会社について

画像
自発的にサポートし合える チームワーク。 その徹底が日建コンサルタント 最大の武器。
画像

中小企業である当社は、各部署で多くの社員が働いているわけではありません。そのため、忙しい時には互いにサポートし合う、それも言われてやるのではなく、個々の社員が気付いて先回りして手伝う、それが当然の企業文化として根付いていることが当社の強みです。いくつかの企業で働いてきましたが、これはどの会社でもやれることではありません。私自身、入社してからは「他に何かできることはないか」と、周囲を見渡すようになりました。アットホームで働きやすい当社の雰囲気は、このような企業マインドから生まれているのだと感じますね。定時退社後には社内のフットサルチームで練習するのが楽しみです。仕事とプライベートでメリハリをつけて、毎日が充実しています。

01
1年目から貪欲に
技術を磨き、めざすは
設計のマルチプレーヤー!

設計部 設計課
河野 宏亮 Kono Kosuke
山口大学 工学部感性デザイン工学科
別府市出身/2018年入社

キャリア社員

入社を決めた理由

画像
「この人たちと一緒に働きたい」 第一印象でそう思えたことが入社の決め手。
画像

面接時に接した社長をはじめとする社員のみなさんの人柄に魅力を感じたことが、入社を後押ししました。親身になって私について知ろうとしてくれる姿勢を感じ、この人たちと働きたいと素直に思いましたね。また、自分が一緒に働いている姿をイメージできたことも大きかったです。入社1年目は橋梁など構造物の維持管理業務を中心に担当しました。私は土木設計に関する知識や技術がなかったので、実務に入る前に新人研修を受講。過去に検査した橋梁のデータをもとに、完成した補修設計の図面を模写してCADの使い方を習得しました。OJTでスキルアップを図る前に実務のシミュレーションを経験できたので、徐々に技術を高めることができたと思います。

仕事の魅力

画像
画像
1年目からあえて異なる業務を 経験することで、設計の マルチプレーヤーへと成長中。

橋梁に悪い部分がないかを現地で診断しデータを取得する仕事から始まり、その後、構造物の補修に関する設計、道路を新規で作る際の設計と業務範囲が拡大。さまざまな仕事を経験させてもらっています。一つの分野に集中するよりも覚える内容が多くなりますが、先輩、上司が丁寧に教えてくれるので心強いですね。例えば橋梁を点検するにしても、補修設計を経験しておけば補修する側の観点も理解した上での点検となり、よりきめ細やかな作業になります。別の仕事を経験することで新たな気付きがあったり、他の仕事に繋がったりすることに面白さを感じている最中です。

これからの目標

画像
自分の作業が人々の生活を 支えている。 そう思える誇り高い仕事。
画像

維持管理に関する設計を多く担当してきたこともあり、人々の生活を支える仕事に携わっているやりがいを日々感じています。自分が橋梁の点検をすることで災害時の被害を減らせるかもしれない、この道路を設計することで人々の生活が便利になるかもしれない、そう思いながら責任感をもって仕事に取り組んでいます。若手のうちから多彩な仕事を担当させてもらっているので、将来はその経験を生かして補修設計のエキスパートとなり、さらに新規設計の分野でも活躍したいと考えています。技術士やコンクリート診断士の資格取得は当面の目標。同期入社の仲間と刺激し合いながら、成長していきたいですね。